インビザライン矯正とは?

 インビザラインとはアライン・テクノロジー社というアメリカの会社が開発した矯正方法で、アライナーと呼ばれるマウスピースを使用して歯列矯正を行う治療法です。
 このインビザラインを使用した矯正方法は1997年に開発され、いまでは世界で50万人を超えるほどの方が、このインビザラインを使用した矯正治療を受けているのです。


インビザラインと一般的な矯正法との違いは?

 従来、矯正治療は、歯にブラケットという金属の装置をつけ、見た目に問題がありました。
 それを改善するために透明なブラケット、そして白くてめだたないワイヤーなどが開発されてきました。
 見た目はある程度わかりにくくなりますが、笑うとやっぱり分かることも多く、装置自体が飛び出しているため違和感の多い治療法です。また、取り外しが効かないため、歯みがきがとても難しいのが欠点です。 
 
 また、舌側矯正という治療法があります。これは、裏側(ベロの側)に装置をつけるため見た目は分かりませんが、装置が内側のため、違和感がかなり大きくなる治療法で、また装置の調整が困難なため、治療期間が長くなる傾向になること、一部の矯正専門医でのみ行われているというのが現状です。当院では行なっていません。
 
 また、床矯正という方法があります。取り外し式のいれ歯のような装置をいれるため、見た目はわかりにくいです。
 金属のワイヤーやスクリューで歯を移動させます。ある程度安い費用で、見た目を改善することが可能です。
 しかし、歯を健康に長く維持するために大切なかみ合わせまでしっかり治すとなると、これのみで治療を終了するのは困難です。
 
 インビザラインの矯正方法は、3次元シュミレーションソフト(クリンチェックと呼ばれるソフト)を使用して、矯正を行う歯科医師が治療計画を立てます。その結果、治療が完了するまでのアライナーと呼ばれるマウスピースがすべて作成されます。

 通常、患者さんはこのアライナーと呼ばれるマウスピースを2週間ごとに変えていきます。1日に20-22時間、このアライナーを装着しなければなりません。ただし、食事の時や歯磨きの時は外します。また定期的(1~2カ月おき)に来院していただき、チェックが必要です。

     

インビザラインのメリットは?

 透明なマウスピースなので、審美的に優れています。金属製の矯正装置を使用しませんので、矯正しているということがか なりわかりにくいところです。
 他にもメリットとして、自分でいつでも取り外す事ができることです。
 友人の結婚式に参加するとき、矯正のワイヤーが装着したままじゃ恥ずかしいという話はよく聞きます。
 そういう時にも、インビザラインなら一時的に外しておくことが可能です。
 また、金属ワイヤー等を用いないため、金属アレルギーの方も治療可能です。

インビザラインのデメリットは?
 
 すべての歯並びの治療が可能というわけではないということです。骨格に問題があったり、あまりにも歯列の不整がある場 合などは、インビザラインでは治療ができないケースもあります。 
 インビザラインの矯正方法は、アライナーという透明のマウスピースを使用します。
 他の矯正治療法に比べ、取り外しができてとても快適ですが、そこがデメリッ トにもなる場合もあります。
 取り外しが簡単にできてしまうことから、通常20-22時間は装着していなければならないアライナーを、ちょくちょく外して しまうという恐れもあります。ワイヤー矯正と違って、使用方法は患者さん主体の矯正法なのです。
 患者さん自身のための歯の矯正なのでわざと外したままでいたりするはず無いと思うのですが、歯科医師としては不安なと ころです。

インビザラインの費用は?
 
 インビザラインの矯正にかかる費用は、歯科医院ごとに違いますが、およそ100万円前後プラス検査料、相談料、調整料、観察料というのが相場のようです。
 当院では、インビザラインフル 756,000円(調整料・観察料込)です。
(微小な歯列不整でアライナーの個数が少ない症例の場合、上記より安くなります。216,000円~)

 無料相談しています。ご予約の際、「インビザラインの無料相談希望」とお伝えください。

 その後、虫歯や歯周病ががあるかどうか治療可能かどうかの検査・診断が必要です。(保険適応4000円程度)
 矯正治療前に歯茎の治療やむし歯の治療が必要ならそれを先に行います。

神戸市垂水区の歯科医院 まつさか歯科

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.078-753-0118

〒655-0863 兵庫県神戸市垂水区塩屋北町3-6-23




トップページ 歯科医師紹介 診療内容 診療理念 院内設備 アクセス