メタルボンドクラウン保険適応外
中身は金属で、外から見える部分にセラミック(陶器)を焼き付けたクラウンです。
伝統と実績のあるクラウンです。歯科技工士による精密な手作業で作り上げていきます。
『歴史と実績のある一番良いやり方の白いクラウンがいいな』という方にお勧めです。

長所・・・セラミック(陶器)なので変色しない。見える部分と裏側のほとんどが白くえきる。見た目が美しくツヤも良い。
汚れや歯垢(プラーク)が付きにくい。

短所・・・中身が金属なので経年により歯茎が下がると金属部分が見えることがある。白い部分が欠けた場合修理が難しい。大臼歯にはジルコニアクラウンがお勧めです。

費用・・・1本につき、使用金属が、プレシャス(ゴールド系)の場合118800円。セミプレシャス(パラジウム系)の場合97200円。
コバルト系の場合75600円→59800円です。金属アレルギーの心配がないならコバルトで問題ないかと思われます。
※印象(型取り)3240円別途

神戸市垂水区塩屋北町3-6-23
垂水区/須磨区の歯医者 まつさか歯科医院


トップページに戻る