妊娠中にかかりやすい歯科疾患について


※妊娠の可能性がある方・妊娠中の方は必ず事前に申し出てください。

当院では、妊娠中でもある程度の範囲内の治療を行なっています。




   う蝕(むし歯)

生理的変化・生活習慣の変化に伴い口腔環境が悪化し、むし歯の発症と進行を促進してしまいます。
  
  
1 内分泌機能の変化   → 唾液に粘りが出たり、口腔内が酸性に傾く
  2  ビタミン新陳代謝障害 → う蝕防止作用の低下
  3 食事・間食回数増加、つわりによる口腔清掃不良 → プラーク停滞、細菌増殖


 妊娠中は上のような理由でむし歯が発生しやすくなります。


 また、生まれたばかりの赤ちゃんの口腔内にはう蝕原性菌(mutans streptococci:MS菌)は存在しません。
 小児う蝕の始まりは、母親からの乳児への唾液を介して伝播することが一番多いので、「母子伝播」・
 「母子感染」といわれます。
 特に食べ物をあらかじめ噛んで子供に与える「噛み与え」やスプーンやお箸を親子で共有する行為によって伝播します。
 母親がう蝕原因菌を多く持っていれば、赤ちゃんに感染する確率・感染する菌数が多くなる可能性が高くなります。
 MS菌は生後19週~31週で定着しますが、特に2歳前に感染すると、う蝕発症リスクは高くなってしまいます。

 
→→生まれてくるお子さんの為にも、出産前にむし歯の治療を終えておくことをお勧めします。



   妊娠性歯肉炎・歯周炎

 妊娠により女性ホルモン分泌量増加すると→→・歯肉溝の歯周病菌増殖
                                   ・血管の透過性亢進作用による歯肉の腫脹
                                   ・細胞性免疫応答抑制による炎症性細胞増加  が起こります。
           
このような歯肉炎・歯周炎が進行しやすい口腔内環境に加え、食事・間食回数増加・つわりのための口腔清掃不良の状態が重なります。
すると目に見える症状として、次のような症状が現れやすくなります。

                  ①歯と歯の間の歯肉の浮腫、増殖がみられる
                  ②歯肉から出血しやすくなる


 
→→正しいブラッシングをすることにより症状は軽減されます。
  当院で、ブラッシング指導と歯ぐきの洗浄と消毒を行います。

   智歯周囲炎(いわゆる 親知らずの腫れ)

親知らずが完全にはえず、一部が歯肉に覆われた状態のもと、清掃不良によっておきる歯肉周囲の急性炎症です。


 

→→妊娠中は抜歯はできる限りしない方が無難だと考えていますので、当院では行いません。
  清掃不良が原因であることがほとんどなので、まずは清掃と洗浄と消毒を行います。

  すぐに腫れと痛みはひきませんが、通常数日~1週間で症状は軽減していきます。


   口臭

つわりによる口腔清掃不良、歯周炎増悪に伴っての細菌由来の口臭が発生しやすくなります。
つわりで頻回な嘔吐のための胃酸逆流のための口臭の発生も考えられます。

→→まずは、口腔内を清潔に保つのが重要です。
  歯磨きをするのが難しいなら、うがいだけでもしてください。
  当院では、各種うがい薬を準備しております。



   口内炎
口内炎が発生しやすくなる原因は未だ完全には解明されていません。
しかし、自己免疫、ウイルス感染、ビタミン不足、ストレスなどの説があります。
口腔清掃不良、内分泌機能の変化、栄養バランスのくずれから口内炎は生じやすく、治りにくくなります。

→→口腔内を清潔に保つこと・バランスの良い食事をとること が重要です。
  口内炎用の塗り薬を準備しております。



歯周炎と早産・低体重児出産の危険性

近年、歯周病に罹患した妊婦は、そうでない妊婦に比べて37週以前の早産や、2500㌘以下の低体重児出産の危険性が7.5倍も高くなるという衝撃的な報告がなされました。

なので、近年ではさらに妊娠中の口腔内ケアが大事と言われています。

妊婦の健康リスクに喫煙があげられます。
1日20本以上の喫煙者の自然流産の発生率は、非喫煙妊婦の2倍以上といわれます。

この数値を比べても歯周病が喫煙以上にハイリスク要因であることがわかります。
 
その仕組みは次のように考えられています。
   
歯周病は細菌感染による慢性炎症です。
歯周病細菌・細菌酸性の炎症物質が増加→これらが血液を介して羊膜腔に拡延
                             ↓
                        胎盤膜の炎症、胎盤圧迫
                              
                      子宮の収縮、子宮頸部の拡張誘発
                             
                             早産

妊娠中の口腔内疾患は全身に悪影響を及ぼすことから、予防・治療は必須といえます。

共通して言えることは、口腔ケアが行われ、“う蝕菌・歯周病菌の数”が少なければ、これらの疾患の多くは予防・軽減することができます。
妊娠中は、今まで以上に口腔ケアが重要になります。歯科検診を受け、う蝕・歯周病罹患の有無、リスク判定、正しい口腔清掃の方法と知識を身につけましょう。


神戸市垂水区の歯科医院 まつさか歯科

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.078-753-0118

〒655-0863 兵庫県神戸市垂水区塩屋北町3-6-23




トップページ 歯科医師紹介 診療内容 診療理念 院内設備 アクセス