スマイルデンチャーについて、説明します。


   スマイルデンチャーとは金属を使わずナイロン樹脂で作られた、薄く・弾力性に優れた全く新しい入れ歯です。

  スマイルデンチャーは「目立たない」「丈夫」「噛める」「痛くない」のが特長です。

  何といっても、スマイルデンチャーの一番の長所は、『金属の金具が見えない』ことです。

  短所としては、『通常の保険の義歯と比べて噛む能力が若干劣る場合がある』ことです。

  この理由は、保険の義歯で利用しているレジンという素材に比べて、スマイルデンチャーの素材は柔らかいために
  義歯がたわんでしまうことがあるからです。

  もし保険の義歯と比べて噛みにくいと感じた場合は、スマイルデンチャーは外食するときや、外出するときや、
  人と会ってお話するとき、などの外から金属の金具が見えたら嫌な時に使用するのが良いと思います。

  そして、自宅でお食事するときは通常の保険義歯を使用するというように場面で使い分けるという使い方がお勧めです。

  
  
  


  
  
  上の写真のように、クラスプという金属の金具を使わずに義歯を作ることが可能です。

  入れ歯の沈下を防ぐためのレストという小さな金属は、下の写真のように基本的につけるようにしています。

  レストをつけないと、噛んだ時に入れ歯が沈み込んで安定しにくくなってしまうのです。

  外からは見えることはほぼありませんので、ご安心ください。

  
  
  費用は、100000円~です。
  

  症例によっては、下の写真のように金属で補強する必要があります。

  左右両方欠損している場合は、下の写真のように金属で補強して作製した方が安定します。

  見える所(いわゆる入れ歯のバネの部分)には金属を使用しませんのでご安心ください。
  
  費用は、使用金属がコバルトクロムの場合、180000円~
                   チタンの場合、 250000円 です。

             
 チタンの物性的特徴は、コバルトクロムと比べ軽いことです。また、純チタンを利用した歯科技工物では強固な酸化皮膜によりイオン溶出 が起こらず、優れた生体親和性を示します。人工関節や歯科インプラント・義歯床など、長期間体内に留置されるこうした製品において チタンは広く利用されています。


 通常のスマイルデンチャーの内側にシリコン裏装した『スマイルデンチャーシリコン』も新しく採用しました。
 費用は、+5万円です。
 通常の義歯に比べて痛くないスマイルデンチャーよりさらに痛くなくすることが可能となりました。



  ※価格はH25年10月のものです。スマイルデンチャー作製が可能かどうか、実際にお口の中を見てみないとわかりません。
   歯の状態によっては、適応ではない場合もございます。ご了承ください。


   歯の数や状態によって費用が変わります。詳しくは歯科医師にご相談ください。



  ※装着日から2年間保証です。
   通常使用での、破損については無償で修理または再製作します。
   ただし、最低でも3カ月おきに定期健診を受けていただくことが条件です。

   定期検診に応じていただけない方は歯ぐきや骨の状態が変化することがありますので対象外となります。

神戸市垂水区の歯科医院 まつさか歯科

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.078-753-0118

〒655-0863 兵庫県神戸市垂水区塩屋北町3-6-23




トップページ 歯科医師紹介 診療内容 診療理念 院内設備 アクセス