神戸市垂水区/須磨区の歯医者 まつさか歯科医院のオールセラミックの説明ページです。

ジルコニアクラウン
金属を全く使わず、ジルコニアを使用して作ったオールセラミッククラウンです。
ジルコニアとは、耐熱性や生体親和性などを持つことから近年注目されている材料です。
『最新の金属を使わない白いクラウンがいいな』という方にお勧めです。
     
長所・・・変色しない。割れないので噛む部分を白くしても安心。金属ではなく白くて硬いジルコニアを使うことで、高い審美性と強度を両立できる。金属アレルギーの心配がない。汚れや歯垢(プラーク)が付きにくい。

短所・・・フルジルコニアクラウンはメタルボンドと比べるとやや審美的に劣る。しかし、奥歯には気にならない範囲。大臼歯にはお勧めです。前歯にフルジルコニアクラウンは審美面で不向きです。ポーセレンを盛る(レイヤリング)方が良いでしょう。

費用・・・1本につき、75600円→59800円
※ジルコニアにステインにて審美加工する場合86400円
 ポーセレンを盛り審美性を増す場合、129600円です。前歯に向いています。

e-maxクラウン
Ivoclar Vivadent社e.maxプレスを使用したオールセラミッククラウンです。
e.maxプレスは曲げ強度が400MPaで一般的な陶材の3~4倍あり、審美性にも優れています。

長所・・・審美性と強度を両立できる。金属を一切使わないので、金属アレルギーの心配がない。汚れや歯垢(プラーク)が付きにくい。

短所・・・土台となる歯がメタルコア(金属の土台)の場合、金属色が透けるので適応外。
   ジルコニアに比べ割れやすいので大臼歯には基本的に使用不可、小臼歯のみをお勧めしています。
   前歯部には審美性を増すためにポーセレンを盛りたしレイヤリング加工したものがお勧めです。(97200円)

費用・・・1本につき75600円→59800円です

神戸市垂水区塩屋北町3-6-23
垂水区の歯医者 まつさか歯科医院


トップページに戻る